プラスチック金型設計支援システム
TopSolid’Mold

概要

TopSolid'Moldは、自動車バンパーの金型など容量が大きなデータでも、超高速で処理するプラスチック金型設計支援システムです。成形品モデルのパーティングラインを自動で検出し、パーティング面を容易に作成できます。モールドベースとモールド部品の豊富なライブラリーや強力な冷却回路設計機能がプラスチック金型の3次元設計を支援します。金型の3次元モデルから2次元の金型組立図、部品図、ドリル穴リストと部品表を瞬時に作成でき、それらは相互に絶えず連動し、ミスの防止と設計工数の削減に貢献します。

TopSolid’Moldが選ばれる理由

成形品モデルの作成と修正を容易に行えるパーフェクトなCADツール

成形品の修正からキャビティ・コア分割、型構造設計、2次元図面、部品表作成のすべての 工程に対応しています。

announceimg

使いやすさと覚えやすさ

TopSolid'Moldは、コマンドを極限まで集約し、高機能でも簡単な操作を実現し、習得期間を大幅に短縮しました。
ドラッグ&ドロップ、コピー&ペースト、アンドゥ&リドゥは、まるでOfficeアプリケーションのように手軽に使えます。
グラフィカルで分かりやすいダイアログボックスは、コマンドを覚えなくても直観的な操作を可能にします。

announceimg

圧倒的な高速処理でインパネ、バンパーなどの大型・複雑な構造の金型設計に対応

従来の3次元CADではレスポンスの問題で対応が難しかった、自動車のバンパーなどの容量が大きなデータでも、快適な作業を行えます。
大型で複雑な製品のアンダーカット、肉厚、テーパを瞬時に解析します。
パーティングラインに必要な最大外形を瞬時に抽出します。
部品点数の多い金型の3次元モデルでも2次元投影図も一瞬で生成します。
ファイルの読み込み時間も大幅に短縮しました。

announceimg

2プレート、3プレートなど各種のモールドベースを標準装備

フタバのモールドベースを標準で搭載しています。
自社規格のモールドベース登録も可能です。
型板サイズの変更や型板の挿入、部品の位置変更はもちろん、ベースをいつでも自由に置き換えできます。

announceimg

分割コア、スライドコア、ルーズコア、複数個取りを効率よく設計

フェイスまたはエッジ、ラインを指定するだけで分割コアを作成でき、数値を入力するだけで分割コアのツバ部を簡単にモデリングできます。
スライド、ガイドレール、ロッキングブロックも簡単に配置できます。
必要なストロークから適したアンギュラピンが自動で選定されます。
プレビュー画面を見ながら視覚的に複数個取りを定義できます。

announceimg

冷却水穴を3次元金型モデルに自在に配置、調整

冷却水穴の経路となるパスを作成することで容易に冷却水穴回路を作成できます。
冷却穴の延長、追加、延長方向反転、削除、移動などの編集も容易です。
マウスのドラッグや寸法指定による線の移動で経路を容易に変更できます。
部品との干渉チェックだけでなく、穴同士の干渉もチェックできます。

announceimg

加工情報が定義された豊富なモールド部品ライブラリーを標準装備

ミスミ、フタバ、パンチ工業の使用頻度の高いモールド部品を標準で搭載しています。
モールド部品のサイズ、位置、クリアランスなどいつでも自由に変更できます。
自社用に規格部品を登録できます。

announceimg

チーム設計で作業時間を短縮

複数の設計者が分担して設計していても互いの編集結果を共有できます。

announceimg

3次元金型構造モデルと連動した金型構造図面を作成

平面・正面・側面・アイソメなど投影ビューを指定し、隠線とエッジ種類を指定し、3次元金型モデルと連動した2次元図面を自動で作成します。
可動側・固定側の投影図やエジェクタピンのセット、スクリューのセット、加工部品のセット、購入部品のセットなどカテゴリごとに図面を作成できます。
型寸法、穴座標寸法は自動で記入されます。

announceimg

設計から製造までの一気通貫を実現

CAD、CAE、金型CAD、CAD/CAMのすべてのアプリケーションが連動し、手戻りを防止します。
製品モデルの変更で成形品、金型構造モデル、入れ子、ランナー、エジェクタピンの長さ、CAMのツールパスのすべてが自動で更新されます。
統一されたデータベースでコンカレントエンジニアリングを実現できます。
統合されたPDMがユーザーのアクセス権と承認を管理します。
ユーザーはどこにいてもPDMメッセンジャーがコミュニケーションを円滑にします。

announceimg

アプリケーションとの連動

CAD

TopSolid'Designは、製図、計算、キネマチック・シミュレーションやリアルなレンダリングまでをも統合した3次元設計支援システムです。数万点の大規模アセンブリ設計を可能にする超高速処理、豊富なサーフェスモデリング、強力な解析、加工情報を標準部品ライブラリー、JISやISOに準拠した図面作成の機能は高品質な設計を実現します。統合された製品データ管理システム(PDM)は、ユーザーが部品名を変更してもアセンブリが参照を失うことを防ぎます。

3次元設計支援システム TopSolid'Designをもっとみる

announceimg

PDM

TopSolid'Pdmは、製品やプロジェクトの仕様書、CADデータ、部品表、CAMのツールパスやNCデータなど、開発、設計や製造に関するすべての情報を簡単に一元管理するPDMシステムです。製造業の情報伝達が2次元から3次元情報へ変化し、3次元データの活用できる範囲は飛躍的に広がっています。TopSolid'Pdmを導入することで、設計部署以外の企画、試作、購買、製造、品質管理、保守などの部署でも必要な情報を検索して利用、閲覧することが可能となります。

設計・開発情報管理システム TopSolid'Pdmをもっとみる

announceimg

順送プレス金型設計

TopSolid'Progressは、製品の3次元CADデータを活用して、単発、順送、トランスファなどの金型を設計するプレス金型設計支援システムです。ブランク展開、ブランクレイアウト、ストリップレイアウト、金型構造設計のすべてを3次元で行い、部品図や部品表は3次元データから自動で作成されます。製品モデル、金型の3次元モデル、2次元の金型組立図、部品図は相互に連動し、作業ミスの防止、設計工数の削減に貢献します。

順送プレス金型設計 TopSolid'Progressをもっとみる

announceimg

部品加工

TopSolid'Camは、2軸、穴加工から旋盤、複合加工や同時5軸加工までをカバーする3次元ソリッドCAD/CAMシステムです。従来工作機械や加工方法によって散在していたCAMシステムを集約できます。統合された3次元CAD機能は、中間公差の加工モデルや治具の設計を支援します。信頼性の高い正確なマシンシミュレーションは、機械のあらゆる動作、起こり得る衝突、各軸の移動および加工材を管理し、ツールパスの微調整に費やす工数を最小化し、安全な加工を実現します。

3次元ソリッドCAD/CAMシステム TopSolid'Camをもっとみる

announceimg

ワイヤー加工

TopSolid’Wireは、CADシステム TopSolid上で動作するワイヤーカットCAMシステムです。そのため、煩雑なデータ変換作業が不要です。形状を修正すればワイヤーパスや加工図面に自動で反映され、手戻りやミスを防止します。 また、2D曲線を使用したテーパ角度一定のワイヤー加工をはじめ、上下の2曲線を使用した上下異形状、 3Dモデルのフェイスを直接選択してワイヤーパスを作成するなど、入手データの状況に合わせてワイヤーカットの加工設計を効率よく行えます。 さらに、干渉やオーバーストロークによる被害や工数のロスを未然に防ぐためにマシンシミュレーションによる事前確認が必須となります。TopSolid’Wireでは、ワイヤーパスを作成しながら機械動作やカットの状況を確認できるため、作業効率が飛躍的に向上します。このようにひとつのシステムで多くの作業工程をカバーし、従来の放電加工機や加工方法によって散在していたワイヤーCAMシステムを集約でき、NCプログラミングの効率化だけでなく、工作機械の稼働率を最大限に向上することができます。

3次元ワイヤーカットCAMシステム TopSolid'Wireをもっとみる

announceimg

ビューワ

TopSolid'Viewer はTopSolidのパッケージ形式のファイルを閲覧するための無償のアプリケーションです。

TopSolidドキュメントビューワ TopSolid'Viewerをもっとみる

announceimg