機能
TopSolid’Wire

TopSolid’Wireの機能

(1) 3次元データからのワイヤーパス作成

  • 3 次元形状のフェイスを指定して、ワイヤーパスをダイレクトに作成
  • フェイスを元に作成するので、エッジがスプラインでも円弧補間の必要なし
  • 3 次元形状を2 次元に投影する手間を削減
  • 上下エッジを利用した4 軸ワイヤーパスにも対応

(2) 2次元データからのワイヤーパス作成

  • DXF などから取り込んだワイヤーフレームからもワイヤーパスを作成可能
  • 2 次元図面もそのまま活用が可能
  • テーパ角度を指定したテーパワイヤーパスに対応

(3) パンチ、ダイ、コアレス、オープン加工

  • パンチ、ダイ、コアレス、オープン加工に対応

(4) ストレートカット

  • 外形の荒取りなどのために、輪郭部分にストレートカットのワイヤーパスを作成
  • DXFファイルなどの2次元曲線を取り込み、ワイヤーパスを作成

(5) テーパカット

  • 2次元曲線を利用したテーパ加工
  • 2次元曲線と角度を指定し、テーパ面のサーフェスを作成

(6) 4軸上下異形状

  • 上下の輪郭プロファイルの指定、側面フェイスの指定でワイヤーパスを作成
  • 上下の輪郭が異形状かつ異なる分割数でもワイヤーパスの作成が可能

(7) ワイヤーパス編集

  • 加工するプロファイル、サーフェスに最も近い結線ポイントを自動認識
  • 加工材のシリンダ部を結線、断線位置として自動認識
  • コーナー部の処理方法を6 種類から選択可能
  • 豊富なアプローチ、リトラクト方法
  • アプローチ位置を簡単に移動可能
  • アプローチ位置の自動認識
  • アプローチ、リトラクト位置のシフト
  • 機械、材質、ワイヤー径ごとの電気条件をデータベース管理
  • 製品材質を参照し、電気条件を選択
  • 機械のデータベースから電気条件をインポート
  • パンチ加工において、複数の切り残しを作成
  • 加工が不可能な個所に対してワイヤーパスを自動補正

(8) 工程確認

  • 加工順序のソートと変更
  • 部分工程の取消し
  • 加工パラメータの設定変更
  • ワイヤーパスの表示/非表示
  • ワイヤーパスの長さの表示
  • 加工時間の表示
  • シミュレーションの実行

(9) シミュレーション

  • 機械の動作をシミュレーション
  • ワイヤーの結線、断線状態を表示
  • パス単位で実行可能
  • ダイナミックローテーションやズームなどの表示を自由に変更
  • ダイナミック干渉チェック
  • ワイヤーパスと製品形状との干渉を視覚的に確認するベリファイ

(10) ポストプロセッサ

  • 主なワイヤーカット加工機に対応(三菱、ソディック、牧野フライス、ファナック、シャルミー)
  • メインとサブ、アブソリュートまたはインクリメンタルを自由に選択
  • お客様ごとのNCデータの作成方法に合わせてカスタマイズ
  • NCデータにコメントを挿入
  • よく利用するコメントを登録

(11) TopSolid’Designとの連携

  • ポケット、穴フィーチャの加工精度を自動認識し、加工メソッド(工程のデータベース)を利用して ワイヤーパスを自動作成
  • モデルの形状変更でワイヤーパスが自動修正
  • 設計変更で製品形状が変わっても ワイヤーパスを自動更新
  • 面倒な加工条件の再設定を排除
  • 修正漏れ、修正ミスを防止

(12) TopSolid’Moldとの連携

  • TopSolid’Moldで作成したデータを利用してワイヤーパスを自動作成
  • 成型品モデルを変更することでワイヤーパスが自動更新
  • TopSolid’Moldで付加した加工精度にリンクした加工メソッドを定義

(13) TopSolid’Progressとの連携

  • TopSolid’Progressで作成したデータを利用してワイヤーパスを自動作成
  • 製品モデルを変更することでワイヤーパスが自動更新
  • TopSolid’Progressで付加した加工精度にリンクした加工メソッドを定義

(14) TopSolid’Camとの連携

  • TopSolid’Camで空けたドリル穴中心をTopSolid’Wireの結線ポイントとして認識